ダイエットとしてのプロテイン


プロテインは筋肉質な男性御用達のものというイメージですが、そもそもプロテインというのは、タンパク質のことをいいます。

ダイエットにおいては、「余計なカロリーを含まず」「質がいい」タンパク質を充分に摂取することが不可欠です。
しかしタンパク質は、ダイエットの時に食事から摂取するということが最も困難なものです。
そこで、ダイエットの強い味方となるのがプロテインです。「タンパク質の含有率」も「タンパク質の質」も、プロテインであれば条件を満たすことが可能です。

また、プロテインであれば溶かして飲むだけであるため、手間がかかるということもなく、値段もそれほど高くありません。
さらに近頃のプロテインは、カロリーもなく味もかなりおいしいものになっています。

プロテインのダイエットのための飲み方ですが、1日に1〜2回飲めばよいです。
最適なタイミングは、2つあり、まずは運動したすぐ後です。運動をすると、タンパク質を大量に筋肉が欲しがるため、ここでプロテインを摂取しましょう。
消化吸収の速いプロテインの方が、普通の食事でタンパク質を摂取するよりも、タンパク質を筋肉により早く届けることができます。

もう1つのタイミングは就寝前です。夕食を食べてから時間が経って、少しなにか食べたくなった頃などによいです。
プロテインは甘くておいしいため、食欲を満たすことができ、余分なカロリーの心配もありません。また、就寝中は成長ホルモンがたくさん分泌されます。
筋肉を強くする働きが成長ホルモンにはあるため、就寝前にプロテインを飲むと筋肉の回復に有効です。

e-天気.net
PAのレンタル(貸し出し)
PRP皮膚再生療法
アスベスト対策
オンライン英会話でマンツーマン

Posted by hiro : 18:00 | Page Top ▲

プロテインの選び方

プロテインとは、日本語でタンパク質のことです。
タンパク質は三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)のうちの一つです。日頃の食事において偏りがちである必須アミノ酸を豊富に含んだ食品です。
体内では、筋肉、内臓、皮膚、髪の毛といったものに含まれています。

プロテインには選び方があります。プロテインといっても、いろいろな商品があるため、どれがダイエットに有効なのかなど、はじめは迷ってしまうでしょう。

“タンパク質の含有率”がまず大事です。
プロテインと銘打って販売していながら、実態はタンパク質をほとんど含んでいないというような商品もあります。
成分表示を必ずチェックして、少なくともタンパク質が70%以上あるものを選ぶようにします。

次に原材料です。「大豆」あるいは「ホエイ(乳清)」から作られたものがオススメです。
ホエイは乳清ともいって、牛乳に含まれる成分の一つです。乳清ともいうホエイはアミノ酸バランスが非常によく、また、免疫力をアップさせるような成分も入っています。
アミノ酸のBCAA(3種類の必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの総称)をたくさん含んでいるため、多くのアスリートが摂取しているものです。
さらに、味がよくて溶けやすいということもあるため、プロテインをおいしく作るためには不可欠です。
そして大豆もアミノ酸バランスに優れています。また、大豆は腹持ちがいいため、特に、ダイエット中に空腹感に悩まされるという人にはオススメです。

プロテインを有効に使用して、健康的でリバウンドのないダイエットをしましょう。

湯布院の山もみじの口コミ
屋久島の行き方
スノータイヤの保管
カラーセラピーの心理診断
写経の作法

Posted by hiro : 23:00 | Page Top ▲

アミノ酸の集まり、「プロテイン」

肌にツヤとみずみずしさがほしいとかハリを与えたいといったことを思ったとき、とりあえず意識して摂取すると効果のあるサプリメントはプロテインというアミノ酸の集まりです。
ダイエットにも効果的です。
人間の身体を構成するアミノ酸の中で特に注目される20種類のものがあります。肝臓で人間が生きていく上で不可欠なアミノ酸のうちの80%が生成されます。
そして残りの20%は、食品等から摂る必要のある、必須アミノ酸と呼ばれる8種類です。
※幼少時代に不足するヒスチジン、アルギニンも入れて10種類を必須アミノ酸と呼ぶこともあります。

また、ダイエット中にもお肌のハリを保つことができます。

お肌には「ターンオーバー」という細胞の生まれ変わりのサイクルがあり、雑誌の美容特集などで目にしたことがあると思います。
このサイクルは約1ヶ月のサイクルであるため、たとえダイエット中であっても、今からしっかり「プロテイン」を摂取し始めれば約1ヶ月後にはあなたのお肌にツヤとハリが復活します。

プロテインサプリメントには、大きくわけて動物性たんぱくと植物性たんぱくがあります。
従来、動物性たんぱくの代表的なものとしては卵白プロテイン、植物性たんぱくの代表的なものとしては大豆プロテインといったものが一般的に使われてきましたが、現在、店頭でみかけるプロテインパウダーのほとんどは「ホエイプロテイン」です。
植物性たんぱくの大豆プロテインは、消化・吸収がゆっくりしており、バランスよく必須アミノ酸が含まれているというのが特徴になっています。

女性にとってのホルモン補充治療
欧米で人気の毛髪ミネラル検査とは
コレクティブハウスの賃貸
神棚の方位
京都御所の拝観ガイド

Posted by hiro : 23:09 | Page Top ▲

なぜプロテインを飲むと良いのか

なぜ、プロテインを飲むと良いのでしょうか。
たんぱく質は筋肉を作る原料ですが、人間が一度に吸収することの可能なたんぱく質の量は決まっており、個人差もありますが、一度に約20gから30gという量のたんぱく質を吸収します。

しかし、たんぱく質の多く含まれる食事を30g摂っても、全て吸収するという訳ではありません。
その何倍もの量の食事をして、ようやく30gのたんぱく質を吸収するということが可能になります。
しかし、吸収することのできなかった栄養素は脂肪になってしまいます。そこで、吸収率の高い高たんぱく低カロリーのプロテインを飲みます。


食事の後や、運動・トレーニングの後1時間以内にプロテインを摂ると効果的です。
栄養補給において一番大事な食事とあわせることにより、食事のたんぱく質をきちんと補完することです。

食事の後が効果的である理由は、食事を摂取することによりインシュリンが分泌され、たんぱく質が速やかに吸収されるからです。
特に朝食でたんぱく質を十分に摂取できる人は少ないため、朝食後は特にお勧めです。

運動の後が効果的である理由は、運動直後のたんぱく質摂取が筋肉などのたんぱく合成を高めるためです。
トレーニングの直後に高たんぱくな食事を摂取することが可能であるならば飲む必要はありません。
トレーニングを行った日の就寝前にプロテインを飲むと、就寝中の筋肉の発育が良く、しかも低カロリーであるため非常に重宝します。

ダイエット中は栄養不足になりがちなので、タンパク質、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれ、かつ脂質が少なく低カロリーなプロテインが効果的です。

渋谷で腸内洗浄ができるクリニック
戒名の料金
兵庫のクラインガルテン
東京海上のゴルフ保険
CFOの仕事内容

Posted by hiro : 21:27 | Page Top ▲

プロテインとの付き合い方

プロテインとはたんぱく質のことです。
たんぱく質は人間の体をつくっている成分の一つであり、水分を除けば人間の体の約半分はたんぱく質でできています。

プロテインはいくつものアミノ酸が結びついた大きな分子のことです。
水に溶けさせずに栄養にするためには、消化してアミノ酸に分解しなければ腸から吸収することが不可能であり、消化も負担が大きいです。

プロテインをサプリメントとして摂取する日と摂取しない日とでムラがあると、せっかくのプロテインも効果が半減してしまうという場合があります。
たとえば、ダイエットの際、摂取エネルギーを抑えて、タブレットやプロテインによって不足した栄養素を摂る方法をとっていたが、気が向いたときだけ補助的にサプリメントとしてプロテインを飲んでいたため、低カロリーの食事によって減量の効果があったものの、結成タンパクが標準値を下回り、貧血と診断されたというケースもあります。

しかし、定期的に継続してプロテインを補助的にサプリメントとして摂取するようにしたところ、血液検査もすべて良好と診断され、ダイエットの効果がありました。
やはり、継続して摂ることが筋肉の向上(維持)だけではなく、体調の改善といったことに不可欠であることがわかりました。
個人差はあるものの、2〜3ヶ月でプロテインの効果は現れてくるとされています。
摂取カロリーを抑えた場合にたんぱく質摂取量までも不足して、体重は減少したものの、筋肉や基礎代謝が体脂肪よりも大きく落ちてしまい、ダイエット後にリバウンドや体調悪化を引き起こすというケースがあります。
この対策のため、プロテインが補助的に使用されます。

汗腺トレーニングのやり方
PET検査の旅行
ポートダグラス コンドミニアム
婚活@ネット
マンションでカーシェアリング!

Posted by hiro : 17:54 | Page Top ▲